法人概要
Company Profile

恵智会のミッション

恵智会では、慢性疾患に対して、発症させない・重症化させない・再燃させないための3つの予防治療に取り組んで参ります。

恵智会のミッション

  • 1.慢性疾患を早期に発見し、発症予防・重症化予防・再燃予防の3つの予防治療に努めます
  • 2.慢性疾患に起因する転倒等の歩行不全、不良姿勢といった運動器疾患に対する治療として期待の高い再生医療による治療を研究・推進し、寝たきり抑止に努めます
  • 3.患者さんの活動量低下の抑止、生活習慣改善に対し、地域や学会と連携し、新たな治療の選択肢を提案し、患者さんのQOL向上に努めます

恵智会が取り組む3つの予防治療

恵智会では、慢性疾患に対して、発症させない・重症化させない・再燃させないための3つの予防治療に取り組んで参ります。

発症予防治療

高血圧性疾患を持つ患者数は約993万人、糖尿病患者数は約1000万人いると言われています。(厚生労働省「2017年患者調査の概況」、「国民健康・栄養調査」による)。

一般的に、病気にならないための身体づくり・健康状態の維持は、食事や運動といった生活習慣を良好に保つことが大切ですが、加齢と共に、これらの持続が難しいケースも見られます。

病気にならないためのからだづくりは加齢と共に困難になる。 身体の痛み、転倒骨折リスク増、嚥下機能の低下病気にならないためのからだづくりは加齢と共に困難になる。 身体の痛み、転倒骨折リスク増、嚥下機能の低下

病気の発症予防においては、規則正しく、ストレスの少ない生活、栄養バランスのとれた食事、適度な運動等による免疫機能の向上や、定期健診によって自身の状態を把握する機会を持つこと、健康維持に関する情報の収集が大切です。

指導・治療、再生医療、セミナー実施指導・治療、再生医療、セミナー実施

恵智会では、慢性疾患や運動器疾患、免疫不全を抱える患者さんへ再生医療や患者さんの状態にあわせた的確な指導・治療(投薬やリハビリテーション、日本フットケア・足病医学会と連携した健康セミナーの地域開催など)を提供し、病気にならない身体づくりのサポートに取り組んで参ります。

※クリニックでの再生医療提供は現在準備中です

重症化予防治療

慢性疾患は一度発症してしまうと、治癒が困難な場合も珍しくありません。しかし、重症化させないことは、健康寿命を長く保てる可能性やQOLの維持においてとても重要になります。慢性疾患は、慢性疾患そのものの症状よりも、慢性疾患に起因する合併症の発症により、フレイルや寝たきりといった虚弱の状況に陥りやすくなります。更に、活動量の低下なども関係する免疫機能の低下から、病気にかかりやすくなり重症化していきます。合併症には命に係わる病気も多く、注意が必要です。

慢性疾患の重症化予防のためには、血糖値や血圧などの数値管理は継続して必要です。しかし、それだけでは重症化を十分に防ぐ事にはなりません。
例えば、糖尿病の合併症の神経障害や血流障害を発症すると、小さな胼胝や靴ずれが悪化しやすく足潰瘍となり、更に重症化がすすむと、下肢切断に至ることもあります。

図:糖尿病の潰瘍・壊疽までの流れ

糖尿病患者さんは、包括的高度慢性化し虚血(CLTI:下肢虚血や神経障害、感染など下肢切断のリスクがあるもの)への重症化予防がとても重要であり、下肢トラブルによる歩行障害への対処は虚弱状態からの脱却(フレイル予防)にも繋がります。
例えば、糖尿病患者さんのCLTI重症化予防に、フットケア・フットウェアの指導があります。歩行時の足部の除圧により、傷を作りにくくする事で重症化を防ぐ事を目的とした重症化予防治療になります。

※クリニックでのフットケア・フットウェア指導は現在準備中です

再燃予防治療

一度重症化し、治療にて症状の改善した患者さんにとって、最も重要な事は再び悪化させない事です。

慢性疾患が治癒していない場合、同じ病気が再燃し、重症化する可能性は当然高くなります。
また、重症化した場合には、後遺症などの問題が発生する事も珍しくありません。誰しも再燃や重症化は避けたいものでありますが、再燃予防においては、生活習慣の見直しとともに、生活支援の観点による医療がとても重要になります。
勿論、ご家族を含め、患者さんに関わる全ての方へ、再燃予防の正しい知識の習得も重要度を増してきます。

恵智会では、重症化してしまった病気の再燃予防のために、地域の医療連携ネットワークを積極的に構築しております。医療、介護、行政、教育(学会等)などの多面的なサポートを患者の皆様に提供できるよう、恵比寿を中心とした多職種連携を推進しています。

また、健康イベントの実施などから、地域の方に疾患と健康に対する理解を深めていただけるよう取り組み、予防治療の大切さについて情報啓発に取り組んでいます 。